イメージコンサルティングの前に

〜正確なイメージコンサルティングのために〜

  • 写真
  • ボディカラーや骨格は基本的に一生変わりませんので、診断を受診されるのは1回で十分です。お客様にとって貴重な診断となるため、Belle Phareの診断は、丁寧に分析を重ねて正確に行うのがポリシーになります。

    パーソナルカラー診断は、ドレープによる肌・髪・瞳の色の変化を正しく見ることが必要となります。ご納得のいく診断のためのポイントを確認いただき、ご一緒に診断を進めていけたらと思います。

POINT
1

当日のメイクについて

最初に顔タイプ診断に必要な
お写真を撮影いたしますので、
普段のメイクで大丈夫です。

診断時のメイクは、落として診断させていただきます。
日焼け止めも、カラーレスに見えても、
やや白くなったり、肌の質感などが変わってしまう場合があります。

診断当日は、薄めのメイクで
ご来店いただく方がほとんどですが、

ふきとりクレンジングのご用意がございますので、
メイク落としのご持参は不要でございます。
POINT

眼鏡・コンタクトについて

眼鏡は診断時に外していただく方がベターです。
度数が強い場合、眼鏡である程度一緒に確認していきますが、
眼鏡を外した状態で、カラーリストが分析するお時間をいただいております。

無色のコンタクトレンズは、外して頂く必要はございません。
カラーコンタクトの場合、お顔への影響が強いため
外していただきます。

度数入りのカラーコンタクトの場合は、
一瞬だけでも外していただき本来のお色味を
チェックすることがございます。

殆どのカラーコンタクトは瞳の印象を強めるため、
本来よりビビッドな色味も似合いやすくなる傾向があるようです。

やはり、元々の個性と調和する色という、
パーソナルカラーの考え方に基づくと、
本来の瞳のお色味で分析するのが自然です。

診断結果を踏まえて、カラーコンタクトのお色味
アドバイスすることも可能でございます。
POINT

パーソナルカラー診断の服装・アクセサリーについて

診断時には、白いケープをおかけいたしますので
服装が診断に影響することはございません。

ただし、タートルネックなど首周りを覆うタイプのものは
ケープから出てしまうことのない様、折り込んでいただく場合がございます。

アクセサリーは、ピアス・イヤリングなどお顔周りのアイテムに関して、
診断に影響がないよう、外していただく場合がございます。

当日のお洋服・アクセサリーのお色味も
ご希望でしたら診断結果を踏まえてアドバイスしております。


POINT
4

骨格診断の服装について

骨格診断時は、なるべくボディラインが分かる服装だとスムーズです。

お体のポイントに触れて分析をするため、
大幅に厚い素材(例:ローゲージニット)などは
診断に時間がかかってしまう場合がございます。

ベルトやアクセサリーといった
小物を使いバランスも見ますので、
すっきりと、特に肩・腕周りは
過度に装飾のない服装がスムーズです。

当日の持ち物についてのご案内

  • ・ご自身のワードローブお写真などございましたらご持参ください。携帯のお写真で構いません。コーディネートや似合うお洋服かをアドバイスいたします。トップス、アウター、小物など纏めてお撮りいただくと撮影しやすいかと思います。


  • ・お手持ちのコスメで、カラーアドバイスを受けたいアイテムがございましたらお持ち下さい。お手持ちのコスメを元に、どのようなお色味が似合うかアドバイスいたします。
  • ・A4サイズのカルテが入るバッグや袋をご持参ください。
  • ・お手持ちのコスメで、カラーアドバイスを受けたいアイテムがございましたらお持ち下さい。お手持ちのコスメを元に、どのようなお色味が似合うかアドバイスいたします。

「ファッションを楽しむ法則」無料web講座のご案内

イメージコンサルの流れが分かる無料メルマガ。
診断前に読まれることをお勧めします。